男の悩み

すね毛が気になる男子必見!自宅で出来るすね毛を薄く見せる方法

男子必見 すね毛を薄く見せる方法

「周りと比べてすね毛が濃い」
「すね毛が濃いだけでイジられてつらい」

体毛が濃い僕は学生時代からこのような悩みを持っていました。

体質なのに・・・辛かった。

でも当時は知識が全然なくて

  • 何もしないですね毛を放置
  • なるべく脚を見せないようにする

など、悩んではいるけど何も対策してきませんでした。

そこで今回は過去の自分と同じようにすね毛が濃くて悩んでいる方向けに、お金をあまりかけずにすね毛を薄く見せる方法を紹介します。

  • ツルツルにならなくても良いから!
  • 今よりも薄くナチュラルに見えれば良い!

と思っている方は参考にして頂ければ嬉しいです。

安く・自宅でこっそり出来るので、すね毛が濃くて悩んでいる中学生・高校生は必見です。

【学生でも出来る】すね毛を薄く見せる方法

お金をあまりかけずにすね毛を薄く見せる方法は以下になります。

  1. すきカミソリを使う
  2. レッグヘアトリマーを使う
  3. 脱色クリームを使う

それぞれの方法に対して

  • 価格(安い方が良い)
  • 手間(楽な方が良い)
  • 肌への負担(少ない方が良い)
  • ナチュラルさ(自然に見える方が良い)

で評価しています。

使用経験者ではありますが、僕の主観になるので評価は参考としてください。

それでは詳しく説明していきます。

すきカミソリを使う

価格
手間
肌への負担
ナチュラルさ

すきカミソリを使うと手軽にすね毛を薄く見せることが出来ます。

使い方も簡単で、毛の流れに逆らうように下から上へ滑らながら剃っていくだけです。

左右に目の粗さが異なる2つの刃が付いており、減らしたい量によって刃を使い分けたり、滑らす角度を変えたりして使います。

詳しくはGATSBYの公式ページに記載がありますのでご確認ください。

すきカミソリのような商品はいくつか存在しており、どれも1,000円以内で買うことが出来ます。

薬局や100均にも売っているので、手軽に購入出来て自宅で使えるのが便利です。

少しでもお金をかけたくない人は、まずは100均で売っているカミソリを買って試してみると良いと思います。

ついついやり過ぎると剃ったように見えるので注意!

欠点を上げるとしたら手を何回も動かして剃るので少し手間にはなります。

また、滑らし方が遅かったりすると、剃れずに毛を引っ張ってしまうことがあります。

毛を引っ張ってしまうと肌への負担になってしまうので、使う時は注意しましょう。

当然ですが「脱毛」では無いので、定期的に使い続けなければなりません。

電動レッグヘアトリマーを使う

価格
手間
肌への負担
ナチュラルさ

レッグヘアトリマーを使うとすね毛をナチュラルに整えてくれます。

電動なので「すきカミソリ」よりも楽に使えます。

毛の長さについてはアタッチメントを使い分けることでお好みの長さに調整出来ます。

詳しくはメーカーの公式サイトに記載がありますのでご確認ください。

すきカミソリのように毛を引っ張ってしまうこともないので、肌に対しても優しい用品です。

値段は2,000円前後になります。また、電池も購入しないといけません。

しかし電動で楽ちんなので、ずっと使うのであれば元はとれるかなと思います。

レッグヘアトリマーは薬局に売ってないところもあります。家電屋さんでも見かけるので、薬局になければ家電屋さんなどをお探し下さい。

脱色クリームを使う

価格
手間
肌への負担
ナチュラルさ

脱色クリームはその名の通り、クリームを塗って毛を脱色するのもです。

ヘアカラーのすね毛バージョンみたいなイメージです。

使い方はクリームを作って脱色したい部分に塗り、10分程放置して洗い流します。

詳しくはメーカーの公式サイトに記載がありますのでご確認ください。

剃るのではなく脱色するのでより自然な薄さに見えますが、他の部位の体毛と色が違いすぎると違和感が見られることもあります。

薬剤なので刺激性があり、肌の弱い方には向いていません。使うと肌がヒリヒリします。

使用する時はテスト薬剤を作ってトライしてから始めて下さい。

値段も600円程度で購入出来ます。

こちらも薬局などで販売されています。

肌に良くはないからやり過ぎには注意だよ。

【おすすめしない】すね毛処理方法

すね毛を薄く見せる方法でおすすめしないのは以下のやり方です。

おすすめしないすね毛処理

  • 毛抜きで抜く
  • ハサミでカットする
  • ブラジリアンワックス

毛抜きで抜く

ついつい毛抜きで抜きたくなりますが、毛根を刺激してしまい肌に悪いです。

1本1本毛を抜き続けるのも大変です。苦労して肌を傷つけているだけなのであまりおすすめしません。

ハサミでカットする

ハサミでカットするのはシンプルに危険です。

僕も実際に脚を切ってしまったことがあります。

ハサミはどこの家庭もあり、お金をかけずに出来るメリットもありますが、危険なのでそれなら100均で「すく用のカミソリ」を買った方が良いです。

ブラジリアンワックス
ブラジリアンワックスは即効性はありますが、毛や周りの皮膚の角質を引っ張って抜いているので肌に悪すぎです。

ブラジリアンワックスとは、専用のワックスを脱毛したい箇所に塗って引っ張って抜くワックス脱毛です。

イメージとしては「めちゃくちゃ強力なガムテープを貼って引っ張る」ような感じです。一時的に毛を抜くだけで、また生えてくるので継続が必要になります。

「明日絶対にツルツルにしたい」ならしかたないですが、肌へのダメージを考えるとおすすめは出来ません。

すね毛の手入れはずっと続けるの?

すね毛処理 続ける?

これまで紹介した方法は一時的に毛を薄く見せる方法です。

毛には成長サイクルがあり周期的に生え替わるので、このような手入れはずっと続ける必要があります。

  • 手入れを続けるのはめんどくさい
  • すね毛の濃さに一生悩み続けるのは嫌

こんな風に考えている方は”脱毛”するしかありません。

脱毛してしまえば体毛に悩むことが無くなりますが、いくつか注意が必要です。

  • 若い時に脱毛しても効果が薄い
    ⇒18歳を超えてからが望ましいです。
  • 肌へのダメージがある
    ⇒子供のデリケートな肌には刺激を受けやすい。
  • お金がかかる
    ⇒数万円~数十万円かかります。

脱毛は18歳を超えてお金に余裕が出来てから始めることをおすすめします。

中学生や高校生であれば、まずはすね毛を薄く見せる方法でごまかして、その間にお金をしっかり貯めてから脱毛を始めるのはいかがでしょうか?

すね毛を薄く見せる方法まとめ

最後にすね毛を薄く見せる方法についてまとめます。

  すきカミソリ レッグヘアトリマー 脱色クリーム
写真
価格
手間
肌への負担
ナチュラルさ

どれもお手頃なので1度試してみてはいかがでしょうか?

近くに薬局が無くても通販サイトで購入出来ます。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
この記事がお役に立てれば幸いです。

おすすめの家庭用脱毛器


僕は家庭用脱毛器の中で脱毛効果が最も期待出来るトリアを使用しています。

トリアは唯一のレーザー式を採用されているので、他の家庭用脱毛器にはない脱毛力を期待出来ます。
≫トリアをおすすめする理由記事を見る

家庭用脱毛器でよく比較されるトリアとケノンについてもまとめました。
≫トリアとケノンの比較記事を見る